ゆたぼんの現在はどうなった2021!まだ不登校?炎上エピソードも

はいさいまいどって、もうおなじみのゆたぼんさん。

2019年5月頃に初めて炎上しはじめたものの、2021年現在はさらに勢いを増して炎上しています。

2学期に入った新学期については、またしても天才YouTuberゆたぼんが物議を醸し出しだす結果に。

ゆたぼんの現在はどうなった2021!まだ不登校?

ゆたぼん

2021年4月から中学校1年生に進学したゆたぼん。

2021年現在も安定して学校へは通っていないようです。こちらをご覧ください。

 中学では一切登校する意思がなく、学生服も買っていないという。「そんなん買ってくるくらいならもっと楽しいことに使ったほうがええやん!って俺は思ってる」

引用:Jcastニュース

ゆたぼんは小学生の憧れの中学校の制服ですら準備をしなかったようです。

髪の毛もイケイケな色に染めていておしゃれですが、ゆたぼんの将来の毛根がかなり心配。

最近では預言者発言で炎上?

ゆたぼんは2021年9月16日に「時代がゆたぼんに追いついた!今こそ登校選択制や!」という題名でYouTubeを更新。

動画内で「今コロナの影響で学校に行かないで家で学ぶ子も増えてきてて。オレがずっとずっと前から行ってきた登校選択制にしよう!って声もめっちゃ増えてきてんねんな!」と熱く語ったことで様々な意見が寄せられました。

こちらをご覧ください。

どうでも良い。
彼は学校に行くことを拒否したんだから、
いい加減学校を話題にするのやめたら良いのに。
結局中学生にもなれず、所属するところがないんだろうね。
一番は親父が問題だけどね。
この子の動画をみてる人もね

引用:Yahoo!ニュース

ゆたぼんの発言に対し「そもそも学校へ行くことを辞めたのに何言っているの?」という声が。

確かに、現役中学生の発言と不登校男子(※自主的な)の発言では感じる印象が変わります。

特にゆたぼんは小学校のころから不登校をウリにしていたこともあり、彼の取り扱う学校ネタに嫌悪感を感じる人もいるようです。

オンライン授業が増えてるのはコロナの影響であるだけだよ。
その状況で自分達の意見が世の中に支持されてると拡大解釈してるんだね。
むしろ勉強を学ぶだけなら家庭教師雇うか学習塾にでも行った方がいい。
学校に通うと言う事の本質は、色々な価値観を持ち合わせる人間と社会生活を送る事なんだと私は思います。

引用:Yahoo!ニュース

また、この方の仰る通りコロナ禍のパンデミックということもありオンライン授業が進んでいる現状があります。

むしろゆたぼんの影響というよりもコロナの影響の方が強いです。ゆたぼんの世の中の捉え方はかなり自分にポジティブであることが分かりますね。

天才YouTuberゆたぼんが炎上したきっかけは?

中村 逞珂
(なかむらゆたか)

  • 2009年12月11日(10歳)
  • 大阪府出身
  • 2018年に沖縄へ移住(長女以外)
  • 2017年から登校拒否

「少年革命家ゆたぼん」は2019年5月に現在住んでいる沖縄の琉球新聞で大きく取り上げられた事から一躍有名になりました。

  • 義務教育の期間に学校へ通学しない
  • 家族でSNSで稼いでいる(親子ども問わず)

という斬新なスタイルの影響で、度々炎上する騒ぎになっています。

多くの人は、「いじめられたわけでもないのに、ちゃんと小学校にいったほうがいい」という意見が大多数で、2019年の時の人と表現しても過言ではないほど国民に浸透。

その一方で、不登校やいじめに悩む子ども達の希望の星になっていたりと、ゆたぼんの活躍で良い影響も強く出ていました。

ゆたぼんは公式Twitterはどうなった?

2019年5月5日に沖縄の琉球新聞に取り上げられたゆたぼん。

その日から「少年革命家ゆたぼん」は世間から注目を集め大炎上をしましたが、本人は炎上に対してはあまり無関心のようです。

更に、自身の公式Twitterアカウントでは、アンチファンに言い返すなど、なかなかアグレッシブな活動を繰り広げています。

しかし、未成年だったことが影響し「少年革命家ゆたぼん」の公式ツイッターは運営側により削除されてしまいました。

▼ゆたぼんの父を知りたい方はこちら▼

ユーチューブゆたぼんの父の中村幸也と家族ってどんな人?最新出馬情報も!

ゆたぼんが一番最初不登校になった理由は・・・?

「少年革命家ゆたぼん」が不登校になったのは2017年で小学校3年生の時。

ゆたぼんは当時の心境をこのように語っていました。

▼ゆたぼんの当時の心境▼

宿題をやりたくないのでやらなかった。なんで学校があるんだろう、なんで先生がいるんだろう、なんで先生の言うことを聞いてやらないといけないのだろう、なんでやろって疑問がめっちゃ多かった

子ども心に、シンプルに疑問を感じたのでしょう。

なんで?という気持ちは大切だと思います。

不登校への新たな理由が浮上

当時、「少年革命家ゆたぼん」が不登校の理由を発表していたのをとてもよく覚えているのですが、先ほど記述した内容でまず間違いなかったと思います。

さらに、2019年7月10日の取材では不登校の理由が少し増えていました。

今だから語れる内容が出てきたようです。

▼当時は語らなかった新たな話▼

父:中村幸也さん談

先生に叩かれたり、友達に“ずるい““せこい“って言われたりしているのに、それでも無理やり行かせてしまえば心に傷が残ってしまうかもしれない。

引用:Yahoo!ニュース

“学校行ったら“と勧めているうちに、これはゆたぼんのためにやっているのかな、世間体から見られる親の立場のためにやってたのかな、と気づいてしまった

引用:Yahoo!ニュース

・・・あれ、以前こんな事言ってたかな。

という気もしますが、今だから話せるようになったのでしょうね!

▼ゆたぼんが発達障害?詳しく知りたい方はこちら▼

小学生の天才ユーチューバーゆたぼんが炎上中。本当に発達障害なのかまとめた

天才YouTuberゆたぼんの現在は?

2019年7月10日現在の「少年革命家ゆたぼん

現在でも、YouTubeで活動されているようで、動画再生回数は160万回を超えたようです。

多くの方が気にされている「ゆたぼんの不登校について」ですが、最近では”自分の行きたいときに””給食の時間だけ””5時間目だけ”と少しずつ通われているとのことでした。

そのことに対してお父さんの中村幸也さんはこのように語られていました。

▼ゆたぼんに対する中村幸也さんの考え▼

もう本当に自分のしたいことを全力でやっているという感じなので、何をするかも本人自身が決めている。土日とかに学校の友達が遊びに来たりもする。平日には同じように不登校の子たちが集まって、親も含めてみんなでどこかに遊びに行ったり。パソコンいじるのか、動画を撮るのか、あるいは勉強をするのか、基本的には自分で決めて、自分でやっている。本人がやりたくないことは手がつかないし、知識としても身につかないので、勉強しろということは言わない。学校に行っていてもニートになる可能性はあると思うし、あとで後悔するのも人生。過去には戻れないんだから、今できることを今やれば良いんじゃないかと思う

引用;Yahoo!ニュース

心理学を学んでいたお父さん、中村幸也さんだからこそ言える考え方なのでしょう。

子どもの間は自由に楽しく過ごせることが1番の勉強だと思います。

学校で学ぶ事に対してゆたぼんの心境は?

時折学校に通い出した現在では、ゆたぼんはどのように考えられているのでしょうか?

勉強に対する気持ちについても、コメントを残されていました。

▼ゆたぼんの勉強に対する考え方▼

算数やってみ、ってなったら電卓で調べたらいいだけやし、漢字はググったらいいだけやろ。書くことだけが勉強じゃない。こうやって話すのも勉強やから

引用:Yahoo!ニュース

大人でも電卓使うし、正直小学校のころの勉強って頭に残っていないことが殆どなので納得です。

少し自由すぎるんじゃ?と思う人のために、以前ゆたぼんが炎上した際に「日本の勉強スタイル」について、こんなコメントを残している方もいらっしゃいましたのでご紹介しますね。

▼ゆたぼんについてのtweet▼

茂木健一郎さんの”自宅で学ぶ”というのは”自宅で自由に勉強をするスタイル”というものを揶揄していたような気もしますが・・・。

それだけ世の中が超便利になったということでしょう!

現在、再び炎上中

2019年7月10日の取材で再び「少年革命家ゆたぼん」が炎上しだしました。

一番印象に残ったコメントをご紹介しますね。

▼この件を本気で考えた人の意見▼

▼ふと気がつくユーザー▼

ゆたぼんの現在はどうなった?まだ不登校?炎上中って本当?まとめ

「少年革命家ゆたぼん」の現在をお分かりいただけましたでしょうか?

大炎上後も変わらず彼は元気に学校生活もエンジョイしていました。

ネットの批判に対してゆたぼんは現在でもこのように語っています。

色んな意見があると思うし、そんなん言う人たちはずっとそんなん言っといていいんちゃうって。俺はそんなん気にしてへん。スルーしてる

引用:Yahoo!ニュース

ゆたぼん、さすが「少年革命家」と名乗るだけはありとても強いです。

ゆたぼんのスタイルは前も今も変わらないですが、徐々に”不登校の子供達”や”不登校の子を持つ両親”の心をとても勇気づけてくれているようです。

「少年革命家ゆたぼん」のYouTube動画を実際に見て「元気が出た!」という子供達もいるのだとか。

将来は「子どもでも活躍できる世の中を作る」という事を目標にしているそうですが、今の彼なら実現が出来そうです。

↑2019年5月は「俺が自由な世界をつくる」って言ってたよ

これからの活躍も楽しみにしています!