宮迫博之の焼肉屋「牛宮城」を時系列でまとめ!渋谷の街に決めた理由は金儲け?

YouTuberの宮迫博之さんが経営に携わっている渋谷の焼肉屋「牛宮城」

芸能人が経営する焼肉屋は失敗する…という都市伝説(?)もありますが、コンサルやお肉を水に浮かべるおったまげな食事提供など、いろいろと話題は尽きません。

ここでは、「牛宮城」の話題を時系列でまとめ、渋谷の街に決めた理由は金儲けなのか?調査していきます。

宮迫博之の焼肉屋「牛宮城」まとめ!

「アートとカルチャーがスクランブルする進化していく渋谷でシンプルに昔ながらの焼肉に向き合う」をコンセプトに始まった焼肉屋「牛宮城」

「牛宮城」一連の出来事を時系列でまとめました。

宮迫博之、カリスマ経営者本田さんと出会う

宮迫博之さんの最初の協力者は、「富山の二代目焼肉店」「東京・ハンバーガーショップ」などを経営するカリスマ経営者の本田さん。

出典:YouTube

本田さんは宮迫博之さんが焼肉屋「牛宮城」の協力者を募ったところ、「協力できることがあると思う」と立候補してくれました。

出典:YouTube

出典:YouTube

宮迫博之さんも、打ち合わせスタッフもみんな本田さんの凄すぎる経歴に直ぐに虜になり、ハンバーガーも堪能。

本田さんの人柄も、経歴も料理の味も全部お気に入りになった宮迫博之さんでした。

本田さんコンセプトメイクで営業活動?

出典:YouTube

同じ目標を持って進むべく、コンセプトメイクを実施した宮迫博之さんと本田さん。

最初から最後まで、本田さんのアウトプットで話は進み、Twitterのユーザーからは「マインドコントロールなんじゃ?」というコメントも見られました。

宮迫博之さん自身、飲食店経験がないので聞きっぱなしになるのは仕方のないことかもしれませんが^^;

出典:YouTube

コンセプトメイクの最中に、本田さんから「知り合いの焼肉屋が困っている」と話を持ちかけられた宮迫博之さんは、その翌日に困っている焼肉屋さんの元へ飛んで行きました。

コンセプトメイクの途中から、そこの焼肉屋さんのPR活動っぽい動画に。お金を持っていて、さらに断れない宮迫博之さんだから、本田さんに「困っている焼肉屋さん(?)」にブッ込まれてしまった感が否めない感じがします^^;

2人目のコンサル「本間さん」と出会う

出典:YouTube

放送4回目から、新たなコンサルタント「本間さん」が参戦し、宮迫博之さんの「牛宮城」の店舗内について本田さんとWでアドバイス。

主なアドバイス内容は、

  • 入口から入って15秒でお客様に夢を見せる
  • 厨房を少し変えたり、エレベーターから丸見えの入口は塞ぐ
  • どういう店なんだろうっていうワクワクを感じてもらう
  • 個室内の造りが扉が座椅子に当たってしまう設計だから直した方が良い
  • 煙が気になる人もいるから排煙のことを考えた方がいい

出典:YouTube

店舗内をアドバイスして回った後、宮迫博之さんが「12月にオープンしたい」旨を伝えると本間さんは「それはできない」「彼(本田さん)ができないということはやらない」「本気で宮迫さんが我々の言っていることをご理解いただいて一緒にやっていただけますか?」と、宮迫博之さんの言論の自由がなくなる感じで終わりました。

宮迫博之の焼肉屋コンサル「本間儀彦」の経歴は?自己破産したってまじ?

衝撃のメニューの数々

コンサルティングを進めていく中で、オリジナルメニューが続々とお披露目されました。その中でもインパクトが強いのは、水が滴るお肉ではないでしょうか。

そのほかのメニューもまとめましたので、こちらをご覧ください。

どのメニューも、高級焼肉店…というより、庶民が通うお店で出てきそうな見栄えのものばかりです。これは、、、宮迫博之さんの将来が心配になってしまいます…。

コンサルティングもかなりの金額を支払っているでしょうから、高級焼肉店の再現はプロの力を借りても難しいのでしょう。

「牛宮城」改装資金に2〜3千万円?!

 出典:YouTube

コンサルティングのアドバイスを元に「牛宮城」を快適に改装しようと思うと、合計で2〜3千万円かかると口頭での見積もりが出ました。

貯金だけでは足りないと漏らした宮迫博之さんは、自身の時計コレクションを売買することを決意します。

出典:YouTube

コンサルのお二人とも前のめりですが、一体どんな心境だったのでしょうか^^;

渋谷の街に決めた理由は金儲け?

出典:YouTube

渋谷の街に家賃300万円かけてお店を決めた一番の理由は、この先「儲かりそうだから」という説が濃厚です。

その裏付けは、東京都にある渋谷が、2027年までに従来の「若者の街、渋谷」から「大人の街、渋谷」に変えていくという情報を前々からキャッチしていた宮迫博之さん。

宮迫博之さんは、すでにこれまで入りにくかった「若者の街、渋谷」のイメージから少しづつ入りやすい大人の街のイメージへと変わりつつあると動画内で語っているほどで、「将来的に大人の街に進化した頃にはうちの焼肉屋も…うしし」という心の声が聞こえてきそうな感じです。

(興味がある方はぜひ宮迫博之さんの動画をご覧ください。)

外国人観光客をターゲットに…?

もう一つの理由は、コロナがもう少し落ち着いてから遊びにくるであろう外国人の方に向けて。

日本に訪れる外国人は麻布や広尾などを知らないけど、渋谷だけは知っている。そこに、「牛宮城」のような焼肉屋があればいいのではないかと宮迫博之さんは考えたわけです。

宮迫博之さんは、若者も大人も楽しめる街「渋谷」にしていきたいという気持ちが強く街開発に尽力していきたいという印象を受けました。

大人の鏡ですけど、いろいろと気になる点は多く心配です^^;

お店のコンセプト・オープン日が決定

出典:YouTube

コンサルタント2人と一緒に決めた「牛宮城」のコンセプト。

若者の街と大人の街に溶け込むべく、店内に飾られている絵は購入ができるアートも楽しめる焼肉屋さんに決まりました。

出典:YouTube

お店のグランドオープン日は2022年3月1日で、2021年末にお店の宣伝も兼ねて「すき焼き肉と割下のセット」は300人前が即完売。視聴者からの期待値も高まっています。

さらに、グランドオープンが決まったことで宮迫博之さんの「牛宮城」の正社員を募集することに。

飲食店経験者ならなおよしですが、絵画を販売することと、渋谷にある焼肉屋さんなので「英語ができる人」を求めているようです。正社員は、どんな人に決まるのでしょうか。

「牛宮城」共同経営者、ヒカルはどうなったの?

出典:YouTube

当初、宮迫博之さんと共同経営者で名乗り出たヒカルさんは途中で「牛宮城」を撤退することを自身のYouTubeチャンネルで打ち明けました。その理由は、

  • 共同経営者でいる難しさ(双方のこだわり)
  • 「牛宮城」を見たときに、僕の求める焼肉屋のクオリティにはならないと判断した
  • 自分は飲食店が未経験だから、提供するお肉から何から全てをハイクオリティで満たすのは無理だと感じた
  • 社員を抱える社長として、早期撤退が一番ダメージが少ないと判断した

ただ、ヒカルさんは「牛宮城」の共同事業は撤退しましたが、今後関わらないわけではないらしく、宮迫さんとの仲も悪くなったわけではないようです。

宮迫博之の焼肉屋コンサル「本間儀彦」の経歴は?自己破産したってまじ?

宮迫博之のストーカー被害は話題づくり?服を盗まれた話も嘘っぽい?