川田裕美のお父さんの職業と年収が凄い。生い立ちをまとめてみた

2019年4月時点でレギュラー番組6本
好きな女子アナランキング4位にランクインしている売れっ子アナウンサーの川田裕美アナウンサー。

本人は、その自覚はなくて『ええ~、本当かなあ~』と言ってしまうような、可愛いところも満載です。

でも、川田裕美アナウンサーが出来るまでは猛烈に頑張った時期がありました。可愛い娘を支えたお父さんの努力も一緒に見ていきましょうっ!

Sponser Link

川田裕美アナウンサーのプロフィールをまとめた!

名前:川田裕美(かわたひろみ)
生年月日:1983年6月22日 
出身地:大阪市住之江区
育ち:大阪府泉大津市
身長:159cm
体重:推定40㌔
血液型:B型
資格:スイーツコンシェルジュ、漢字検定2級

ニックネーム:かわちゃん、ぶたまん

スマートなスタイルの川田裕美アナウンサー。
出身地は大阪なので、今の川田裕美アナウンサーのノリのよさは育った環境から来ているのかもしれませんね!

川田裕美アナウンサーの出身学校は?最終学歴含むまとめ

幼少期

川田裕美アナ3歳の頃

さすが、川田家のお嬢様です!お育ちのよさがにじみ出ていますね♪
川田裕美アナウンサーのお父さんは、後ほどご紹介しますが転勤族だったため、

大阪で育ち、2歳の頃に長崎県松本市に引っ越して、4歳から5歳の間は北海道に住んでいたそうです。

この時の幼稚園では卒園できていないみたいですね。
それでも、何回も引っ越して毎回制服を買うのって凄い出費なのご存じですか??

お父さんの財力、凄いです!

小学校~既に運動音痴~


川田裕美アナウンサー小学生の頃

かわいい~っ

子役にもなれそうなかわいさがあります。
小学校を1996年3月卒業した川田裕美アナウンサーですが、泉大津市立条南小学校を最後に卒業しています。

お父さんの仕事の関係で引っ越しまくりで3校ぐらい通っていたようです。

余談ですが、地元で同じ学校出身の人がつぶやいていました。

https://twitter.com/TK_MT0306/status/824599264546349056

ちなみに、この当時の夢は『ケーキ屋さん』だったそうですが、ご両親からは”薬剤師”になることを勧められていたのだそうですよ。

 

中学校~ガリ勉時代~

川田裕美アナウンサー13歳の頃

モテそう!

この時通っていた中学校が、上のTwitterでも呟かれていた泉大津市立東陽中学校です。1996年4月に入学し、1999年3月に卒業しています。

この時からアナウンサーに憧れていたそうで、

中学生の頃からアナウンサーに憧れていました。幼い頃は絵本を読む声をカセットテープに吹き込むのが好きで、小学校でも国語の朗読で「よく声が出るね」と褒められるのがうれしかったです。けれど、遠い世界のことで「どうせ私には無理」と諦めていました。”
引用元:YOMIURI ONLINE

このように当時の事を振り返っています。

子供の頃好きだった事に未来の自分がいたんですね!泣けます。すみません、話がそれました。

そして、中学校3年生の時に、初めての彼氏ができるわけですが、そのときの彼とは1回下校しただけで終わってしまったそうでした。

Sponser Link

高校

川田裕美アナウンサー高校生の頃

かわいい!!

通っていた高校は、大阪府立三国丘高等学校という学校で1999年4月~2000年3月に卒業しています。
偏差値72.0~74.0だったそうですが、どれぐらい頭がいいのかというと、

高校受験時の65なら、なかなか頭良いんだねって感じですかね。

大学受験時の65なら、そうとう頭良いんだねって感じです。

と先生が言ってました!少しものぐさな言い方ですが、管理人が大人であるためご了承下さい。

なので、川田裕美アナウンサーは”かなり頭がいい!”女の子だったのでしょう。

それでも、反抗期も重なり大変だったようです・・・。

学校にはかろうじて行っているものの、アルバイトばかりして勉強から逃げていました。アナウンサーという仕事に興味を持って、放送関係の学部がある大学に行きたい、と受験を強く意識したのは、高3の秋のことです。
引用:朝日新聞

こんな感じで、周りのレベルも高くて遅れがちだった川田裕美アナウンサーですが、学校の先生に時々勉強の相談にも乗ってもらっていたそうです。

本当に昔から真面目だったんですね!

大学~ミス戎橋~

進学した大学は、和歌山大学経済学部経済学科(国立)で、偏差値は53と普通の大学だったようです。

先ほどは記述しませんでしたが、実は高校生1年生の時にお付き合いした彼氏とのデートの事ばかり高校時代は考えていたのだとか。

周りもハイレベルな中、勉強にいまひとつ”集中”できなかったんですね~!かわいいです。

そして、大学在学中に本気でアナウンサーを目指す訳なのですが、アナウンサーの夢を加速させたのは、

近所店のおじさんに勧められたこと
アルバイト先(焼き鳥屋)の店主にアナウンサー向きのいい声してるね
ゼミの講師にやりたいことを思いっきりやりなさい

などなど、様々な人が、川田裕美アナウンサーの背中を押す言葉を言ってくれたことが重なり本気で目指したそうです。

大学在学中に『ミス戎橋』に出場したのも、優勝しておけば、アナウンサーになる時に有利なんだそうですよ。
いよいよ、中学校時代の夢を叶えようって思ったんですね!

いよいよ大学3年生

大学の2年までの間には、

焼き鳥屋さんでアルバイト
学内でインターネットラジオ局に関わる
アナウンサー養成所(生田教室)に通う

など、とてもハードに大学時代を過ごしていたようです。

そして、就職活動が始まる大学3年生の時には東京アナウンスセミナーにも夜行バスで通っていたのだとか。

その合計のお値段なんと、

297万3200円!!

※最低限でざっくり計算しました。もっとかかっていると思います。

お父さんの愛情ですね~!

見事合格!!

川田裕美アナウンサーは、大学在学中に見事内定をいただけました。凄いですね~!

友人は100社ぐらい履歴書を送っていたそうですが、川田裕美アナウンサーが送ったのは6社のみだったのだそうです。

小学校の頃に、”国語の朗読”を凄く先生に褒められていたそうで、アナウンサーの仕事は得意分野なのでしょうね!

それでも、入社試験は過酷だったようですよ。

その中で内定をもらえた事を振り返って川田裕美アナウンサーは、試験官の『マツケンサンバ踊って下さい』のフリに全力で答えた事が決め手だったのではと、自己分析をしていました。

各局の入社試験で合格をもらえず、「崖っぷち」で受けた読テレの面接で「私を採ったら損はさせません!」と宣言。一発芸でマツケンサンバの踊りを披露して夢をかなえた。
引用:サンスポ

当時、試験官からは『いい度胸しているね』と褒められたそうです。

今も変わらないです♪

Sponser Link

川田裕美アナを育てたお父さんって??

川田裕美アナウンサーを育てたお父さんは、神戸大学出身

名前:川田芳弘(かわたよしひろ)
生年月日:1954年7月19日

お父さんが出た大学の偏差値は55.0~70.0と、難易度が高い大学だったようです。
勉強が得意なのもお父さん譲りなのかもしれませんね♪

お二人は、川田裕美アナウンサーが社会人になってからようやく仲良くなったそうで、反抗期はずっと長かったようです。

ある番組では、「お父さんの後ろ姿を当てる」というゲームで、見事お父さんの後ろ姿を当てて温泉旅行をゲットしていました。

お父さんの職業は??

川田裕美アナウンサーのお父さんの職業は、『保険会社』なんだそうですが、全国転勤もあり、単身赴任も多い事を見るとおそらく総務スタッフでしょう。

金融会社のエリートコース社員の方々は、2年~3年に1回全国転勤があります。

転勤がとても多くなる理由としては、昔から
不正を防止するため
社員に経験を積ませるため
という事が挙げられています。

会社にもよると思いますが、遠方になった場合は、月に1回地元や家族の元に戻る為の経費も会社が負担してくれるという恩恵つき。
お父さんも時々帰られていたんでしょうね。

年収は??

生命保険会社の仕事は一般の仕事よりも高収入です。

年収例
20代 300万円~900万円
30代 1000万円~1200万円
40代 1200万円~1400万円
50代 1300万円~1500万円
60代 900万円~1500万円

若い間からかなり高収入をいただけるのがこの仕事の魅力でもあります。

川田裕美アナウンサーのお父さんも、かなり稼がれていたのではないでしょうか??

Sponser Link

デメリットもありますよ!

仕事内容が、総合職だったとしてもかなりハードなお仕事です。

販売するにしても、高額の案件になってくると様々な責任があったり、育成の部門に入ると凄くメンタルを鍛えられます。

自分を育てるとして考えたら、素晴らしい仕事だとは思いますが、定年まで続けるのはかなりキツいお仕事だと思います!

管理人の友人のお父さんは、

血のにじむ思いだった。
引用:裕福なお家のお父さん

と話していました。川田裕美アナウンサーのお父さん、凄いっ

川田裕美のお父さんの職業・年収・生い立ちをまとめてみたのまとめ

保険会社に勤めていたお父さんを見ていた川田裕美アナウンサー。
会社で鍛え抜かれたお父さんの人間力をずっと見ていたのかもしれませんね。

生い立ちを見ていても、負けない不屈の精神が感じられます。本当に凄いです!
その川田裕美アナウンサーも、今では激戦区の女子アナで大活躍しています。強い親子ですね~っ!

これからの活躍がもっともっと楽しみになりました♪!

Sponser Link