篠原涼子と市村正親の離婚危機説、実際はどうなのか調べて検証

2005年12月18日に、24歳という年の差を超えて結婚した篠原涼子さんと市村正親さん夫婦。

結婚15周年を迎える今、あのおしどり夫婦に離婚危機が訪れているようです。

篠原涼子と市村正親の離婚危機説

2005年に結婚をした篠原涼子さんと市村正親さんの離婚説が浮上したのは、2018年7月のこと。

焼き肉バーにママ友と訪れた篠原涼子さんとママ友。

この時、ママ友に「(夫に)私のしている仕事を分かって欲しいの」と話していた事がこの離婚危機説が浮上したきっかけのようです。

この時、篠原涼子さんと市村正親さんは取材関係者に”離婚”という話については一切否定

「なんでこんな話しが出たんだろうね~」

「でもいいの。注目されているっていう事ですから」

など、取材関係者には余裕の二人。

篠原涼子さんと市村正親さんは24歳離れた年の差結婚。

市村正親さんは、篠原涼子さんとの間に第一子を授かった時の年齢は59歳でした。

一方で、篠原涼子さんは1989年から芸能界で活躍してきた仕事第1の大ベテラン女優です

出典:エキサイトニュース

第二子の次男の小学校受験が一息ついた2018年

舞台復帰をした篠原涼子さん。

子育てを優先して欲しい市村正親さんは、篠原涼子さんに

君が仕事をするのは決して止めやしない。しかし、最優先するのはあくまで子育てであって、仕事が先に来ることは許せない

と話したそうです。

篠原涼子さん自身、ずっと芸能界で第一線で活躍していたのに、一時期は家に入り、家事、育児、お受験、などに全神経を使い生活をしてきました。

この背景から、その現場復帰に対する市村正親さんの意見に注目し、不仲説が囁かれる原因になったようです。

 

所属事務所の意見

篠原涼子さんと市村正親さんの二人の離婚説、不仲説について篠原涼子さんの所属事務所がコメントを出していました。

「夫婦仲は良く、一部で報じられている離婚調停といった事実は一切ありません」

ここまではっきりとコメントを出している篠原涼子さんの所属事務所。

篠原涼子さんと市村正親さんの不仲説はガセである可能性が高いです。

実際はどうなのか調べて検証

2018年に舞台復帰をした篠原涼子さん。

このころに夜遊びをする篠原涼子さんの目撃情報が寄せられました。

まず最初の目撃情報は、さきほどご紹介したママ友との食事会。

このママ友との食事会は、深夜2時に行われていました。

出典:NEWSポストセブン

さらに、別の日にも、深夜に外出する篠原涼子さんの姿が。

この時は、”年下イケメン男性”と一緒に過ごしたらしく、かなり話題になりました。

どちらの日も、深夜に外出しているから、夫婦仲はかなりよくないのでは?と考えられました。

しかし、篠原涼子さんの夫である市村正親さんは舞台が始まると帰宅できないこともしばしば

時折帰宅時には市村正親さんは家事や育児に協力的なようですが、普段は篠原涼子さん一人で育児をされています。

そのため、日中は仕事や子供達に時間を使い、ストレス発散をするのはどうしても夜中に。

夫の市村正親さんも、妻の篠原涼子さんには理解を示しており、

『涼子は神様からの贈り物です。だから結婚しても彼女の自由にさせてあげたい』

と、自由きままな篠原涼子さんの性格を理解しているコメントを残されていました。

まとめ

篠原涼子さんと市村正親さんの不仲説は今だに囁かれていますが、

  • 家族で食事をしたり
  • 家族でサプライズをしたり
  • 市村正親さんも育児に協力的
  • 市村正親さんも家事に参加
  • 篠原涼子さんの自由を許している

など、家族仲がいい情報が多く挙げられていました。

正直、ここまで仲が良い家族っていうのもなかなか探してもいないのではなかいな?と考えられます。

ここまで考えると、離婚危機説や不仲説はガセ!ですね。

そして、お子さんは二人とも、将来は俳優業を目指す説も有力なので、これからの篠原涼子さんと市村正親さん家族には注目です!

篠原涼子と旦那の年齢差が凄い!実は略奪婚?二人の馴れ初め

篠原涼子の子供は2人!通っている学校や、家庭事情を調査!