森元総理まだ?の声!逮捕されない理由3つ

株式会社KADOKAWAの取締役会長だった角川歴彦氏が贈賄容疑で逮捕されました。

日本企業の大物の逮捕を受け、このニュースを見ていた視聴者からは「森元まだ?」の声が続出しています。

ここでは、森元総理まだ?の声!逮捕されない理由3つをまとめてお伝えします。

Sponsor Link

森元総理まだ?の声が続出!

角川歴彦出典元:Yahooニュース

2022年9月14日(水)に贈賄容疑で逮捕された角川歴彦氏。

東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。 引用元:Yahooニュース

日本企業の大物の汚職事件の逮捕を受けた視聴者からは、森元総理の逮捕はまだなのか?との声が続出しました。

田中前首相を逮捕出典元:Twitter

五輪汚職 どこまで広がるのか 森元首相の逮捕も 時間の問題? これでもまだ五輪招致 をするのか?引用元:Twitter

おお、ばんばん捕まるなw 森元まだかよー 引用元:Twitter

森元首相の逮捕はまだ? 引用元:Twitter

2022年は国会のお金の問題に注目が集まる1年です。

そのため、国会絡みのお金の問題に納得ができない人がとても多く・・・森元総理の逮捕はまだなのか?との声が続出していました。なんともいえません。

これで逮捕になった場合、とんでもない数の注目が集まることが予想されますね^^;

Sponsor Link

森元総理が逮捕されない理由3つに納得

森元総理

東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、紳士服大手「AOKIホールディングス」前会長の青木拡憲(ひろのり)容疑者(83)=贈賄容疑で逮捕=が東京地検特捜部の調べに対し、大会組織委員会の会長だった森喜朗元首相(85)に「現金200万円を手渡した」と供述していることが31日、関係者への取材で分かった。引用元:産経新聞

森元総理は、東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で逮捕された「AOKIホールディングス」前会長から「現金200万円」を受け取っていたことについて注目が集まっています。

一般の公務員が同じことをしていたら速攻で逮捕されそうな気もしますが、森元総理は違うようです。

次からは森元総理が逮捕されない理由3つ。思わず納得してしまう、その内容についてまとめてご紹介します。

Sponsor Link

理由1|ガン治療の見舞金

森元総理

今回、森元総理が受け取った200万円の理由は、AOKI前会長曰く「ガン治療の見舞金」とのことでした。

もちろん、これまでに森元総理は複数のガン治療に挑み現在も人工透析を受けながら治療をしています。

2000年
4月
前立腺ガン発見
ホルモン療法を中心に治療を開始
2002年 前立腺ガンの手術
2015年 肺ガン発見
2015年
3月23日
肺ガンの手術
2015年 実用化されたばかりの抗ガン剤「オプジーボ」による治療を開始
2019年 人工透析を開始

森元総理が若い頃よりも痩せてしまったのは、度重なる手術やガン治療が原因と考えられますが自身の病歴を振り返りこんな言葉を残していました。

森元総理

私自身がね、もう駄目だと言われたガンが、新薬で助かったんですよ。本当は今頃ここにいないんですよ、ここには。2015年にお医者さんからダメだよと言われたんだ。だけどまさかと思ってた新薬で私は生かしてもらってんですよ。引用元:西日本スポーツ

ここまでガン治療や人工透析・・・さらに新薬まで、ありとあらゆる手法で治療を受けている森元総理には200万円というお見舞い金は少ないぐらいだと思われます。

(※普通の人からすれば高額です)

そのため「賄賂」というよりも「お見舞い金」としての意味が強くなるらしく、森元総理の贈賄疑惑は認められない可能性の方が高いと現時点では考えられているようです。

Sponsor Link

理由2|200万円という金額

森元総理

先ほどもご説明しましたが、200万円という金額の大きさも「賄賂」と認められにくい理由の一つになっているようです。

こちらをご覧ください。

「200万円という金額で森さんのような政治的影響力の大きい人物に対する賄賂と認定されるかというと、これは難しいと言うしかありません。見舞金という名目があったとしても、金額がもっと多額であれば賄賂と評価される可能性も出てくると思います」引用元:Yahooニュース

普通の庶民からすれば、200万円という金額はかなり高額なお見舞い金・・・。

それでも、森元総理やAOKI前会長ぐらいのお金持ちの世界では200万円は賄賂にも値しないのでしょう。これはこれで、なんとも言えない理由ですよね^^;

Sponsor Link

理由3|森元総理の危機管理

森元総理

これまで数々の疑惑を囁かれきた森元総理ですが、一度も逮捕されたことはありません。

その理由としては、森元総理の危機管理能力の高さが関係しているのではないかと噂されています。

こちらをご覧ください。

「当時のリクルートのトップは森さんについて、“策士で油断ならない人”との印象を抱いていました」引用元:Yahooニュース

森元総理は疑惑の渦中にいながらも事件の間に自然と名前が消えていくことが多く、1989年のリクルート事件の担当者は森元総理のことを「策士で油断ならない人」と評価しています。

もし、本当に森元総理が超がつく程の策士なのであれば・・・今回の事件でも自然と名前が消えていくような気がしてなりません。

これが・・・1番の理由のような気がしますね^^;

Sponsor Link
Sponsor Link