橋本徹は「多重スパイ」の声続出?中国ハニートラップの噂はガセ?

橋本徹氏は毎日欠かさずTwitterで呟きを投稿する努力家ですが、なぜか投稿コメントの中に「多重スパイ」「スパイ」と囁く声が後を絶ちません。

日本の元政治家で現役弁護士である橋本徹氏が「多重スパイ」「スパイ」と囁かれるようになった履歴を辿っていくとかなり前のこと最近に始まった話ではないようです。

いったいなぜ、橋下徹氏は「スパイ」と呼ばれるようになってしまったのでしょうか。

ここでは、「橋本徹は多重スパイ」の声続出?中国ハニートラップの噂はガセ?など、疑われるようになった経緯などお伝えしていきます。

Sponsor Link

「橋本徹はスパイ」の声続出?

元大阪市長で現役弁護士の橋下徹氏についてTwitter上で「多重スパイ」「スパイ」と疑う声が続出しています。

まずは「多重スパイ」「スパイ」と疑いの目を持つTwitterの声をご覧ください。

Tweetの履歴を見ていくと橋下徹氏が政治について発言するたびに、その発言内容から「スパイ」と思う人がいることが明らかになりました。

弁護士としてテレビ番組に出演するようになった2013年頃はこのような誤解を招く発言をすることがなかったため、最近の論調の変化に「多重スパイ」という声までも出るように。

しかし、実際問題、橋下徹氏が他国のスパイであるという証拠はどこにもありません

「橋本徹氏はスパイ説」はあくまでも噂に過ぎないといえるのが現状です。

ただ「どこの国のスパイ」と言われるレベルで影響力があるということだけは断言できますね。このあたりは、今後の発言など注目して見ていきたいと思います。

Sponsor Link

スパイと呼ばれるようになったのは2012年~

橋本徹氏についてスパイ説が浮上したのは2012年のことでした。

2012年といえば、橋下徹氏が国政政党日本維新の会代表に就任した年。このとき、維新の会は「中国化する政治を目指す」と掲げていました。

橋本徹氏「中国化する政治」とは?

2012年に掲げた「中国化する政治を目指す」という発言だけを切り取ってみれば、語弊があっても不思議ではありません。

橋本徹氏の掲げた「中国化する政治」とは「グローバル化の潮流は不可逆的であり、日本がその潮流に従う(中国化)」ことを指します。

また、その逆は「江戸化」と呼び「グローバル化の安易な潮流に乗ることを是とせず、日本独特の価値観や文化を大事にしながら、国際的なプレゼンスを高めるべきだとする方向性」のことを指します。

こちらの元となったお話は、2011年発行「中国化する日本」著:與那覇潤(よなはじゅん)氏にあり、橋下徹氏もこの著書の影響を受けたと考えられます。

なので、中国スパイと呼ばれるようになったのは「この年のトレンド」の影響だったのではないかといえます。

そのため、橋本徹氏個人の中国との癒着は考えにくく、スパイであることもまた同様に「誤解」であり「ただの噂」なのでしょう。

Sponsor Link

中国ハニートラップの噂はガセなのか?

橋本徹氏が中国のハニートラップにかかり、中国擁護の発言をしてるという噂があります。実際にこの噂は芸能界にまで及び、タレントのホンコンさんとの会話にまで出ています。

こちらをご覧ください。

https://twitter.com/JpPoliticsCh/status/1496593459679219712

この放送は2021年11月24日のものですが、現在も橋本徹氏の中国ハニートラップ説の疑いの目は消えていないようです。

この噂の発端になったのも、この時期あたり「橋本徹氏の論調が変わった」ということと「実際にハニートラップに誘われたことがある」という経緯からきているものだと考えられます、

実際にハニートラップに誘われる

2019年9月8日放送の関西テレビ「マルコポロリ!元大阪市長:橋下徹ぶっちゃけSP」にて、橋本徹氏は「ハニートラップに遭いそうになったことがある」と話しました。

ハニートラップの詳細内容はこちら。

選挙中「橋下さん応援しています!」と女性が近づいてきて、握手をした。ふと気づくと手の中には手紙があり、応援メッセージと電話番号が書かれていたという。
引用:スポニチ

橋本徹氏に選挙中近づいてきた女性はきっと美女であると思いたいですが、握った手の中に電話番号が入っているとはその女性は相当慣れていることがわかります。

また、橋本徹氏はこの一連の出来事を振り返り「あれはハニートラップだった」と話す姿も。

「いわゆるハニートラップだと思いますよ。こういうことが何度もありました。そして妻の若い頃に似ている人ばかり、そこまでやるのかと驚いた」
引用:スポニチ

政治家の勘なのか、男の勘なのか。一般人ではなかったことはご本人の直感で分かったようです。

実際、もらった電話番号に連絡したのかは不明ですが、こういったエピソードがあった後に論調が変わっていったことで「橋本徹氏はハニートラップに引っかかったのでは」を憶測を呼ぶようになったのではないかと考えられます。

こういった一連の出来事を振り返って考えると、橋本徹氏の中国ハニートラップ説はガセである可能性が高いといえます。

橋下徹の幼少期の生い立ちが壮絶!母子家庭育ちで父親は反社会勢力?今も交流あり?

Sponsor Link
Sponsor Link