Be:Firstジュノンの韓国での活動経歴を調査!VERMUDA時代の画像と脱退・解散の理由も!

Be:Firstジュノン(池亀樹音)さんと言えば、THE FIRSTオーディションへ未経験で参加。

歌の実力が高く評価され、現在ではメインボーカルといえるほどの立場になっているメンバーです。

Be:Firstジュノンさんですが、THE FIRSTオーディションへ参加するよりも前に韓国K-POPグループの一員として活動していたことをご存知でしょうか。

韓国K-POPグループVERMUDA(バミューダ)は、

  • 2017年4月に日本で活動を開始
  • 2017年6月~韓国で活動開始をした音楽グループです。

ここでは、2018年にBe:Firstジュノンさんの韓国での経歴を調査。

2018年にBe:Firstジュノンさんの韓国時代をデビュー前から時系列で。

脱退時期やその理由についてなど、Be:Firstジュノンさんの画像と共にお伝えしていきます。

Be:Firstジュノンの韓国での活動経歴を調査!

Be:First,ジュノン出典元:BMSGofficialTwitter

Be:Firstジュノンさんは、韓国K-POPグループVERMUDA(バミューダ)のメンバーでした。

Be:Firstジュノンさんが所属していたのは、2018年9月25日から約2ヶ月間です。

実際にBe:Firstジュノンさんが、オーディションを受けているところから順に振り返っていきましょう。

こちらをご覧下さい。

オーディションを受けるBe:Firstジュノン

Be:First,ジュノン
VERMUDA日本人ボーカルauditionに参加中です!
これからshowroomをやっていくので是非応援よろしくお願いします!
参照元:Be:FirstジュノンTwitter
補足情報→この時PRしたshowroomは2019年3月3日にアカウントにログインできなり使用されていません。気になる方はこちら→(Be:First)ジュノンルーム

Be:Firstジュノンさんは、2018年8月に韓国K-POPグループVERMUDA(バミューダ)のオーディションに参加しました。

2018年のBe:Firstジュノンさんはまだ成人したばかり。文面からワクワクがあふれ出ています。

この時のオーディション風景がどんなものだったかというと、こちらをご覧ください!

こちらの映像は、2018年8月に撮影された韓国K-POPグループVERMUDA(バミューダ)のオーディションの一部始終です。

この貴重なオーディション映像を2018年にBe:Firstジュノンさんが投稿した日付が2018年10月10日のことでした。

オーディション告知から、タイムラグがあるのが少し気になりますよね。こちらもご覧ください!

VERMUDA時代のオーディション期間は3ヶ月!

Be:First,ジュノン
次世代の韓流アイドル、VERMUDAのスペシャルプロジェクトが始まります!
〜2018年2018年10月11日。12. 13
参照元:公式Twitter

2018年8月に韓国K-POPグループVERMUDA(バミューダ)のオーディションは開始しました。

3ヶ月という長期間のオーでションで勝ち残ったのは、Be:Firstジュノンさんを含むこの4名の方。

Be:First,ジュノン出典:HOMINIS

この時のBe:Firstジュノンさんはまだ20歳なので、あどけなさが残っています。最終メンバーの中でも一番可愛いです。

最終審査が報道されたのは、2018年9月25日

この日にBe:FirstジュノンさんはVERMUDA(バミューダ)新メンバー加わりました

VERMUDA(バミューダ)のTwitterとまたタイムラグありますが、ここでは記事の投稿日の方が正しいと判断します。

9月25日の放送は、高橋も番組で「今日は人の人生が変わる日」だと言っていたように、この生放送中にオーディションの最終選考が行われた。
参考元:HOMINIS

こちらもご覧下さい!

Be:First,ジュノン出典:HOMINIS

喜びを隠しきれないBe:Firstジュノンさんの様子。とってもカワイイですよね…!

こちらをご覧ください!

Be:First,ジュノン出典:Twitter

こちらは、2018年10月22日午後4時30分、VERMUDAのグループミーティングの帰り道に撮影された画像です。

2021年現在でもファンから「カワイイ!」と注目を集めるBe:Firstジュノンさんですが、2018年も変わらずカワイイことが伝わってきます。

メンバー同時も仲よさそうですよね。

こちらもご覧下さい。

2018年10月24日に現地メディアに放送されたVERMUDA(バミューダ)メンバー挨拶の動画です。

こちらの動画では、Be:Firstジュノンさんが韓国語と日本語で挨拶している姿を見ることができます。

2018年10月24日の時点で、オーディション合格してから1ヶ月が経過しています。

しかし、この他にBe:Firstジュノンさんの目立った活動はほとんどありませんでした。

韓国K-POPグループ、VERMUDA(バミューダ)にいたころは、ほとんどレッスンしていなかったのかもしれませんね。

https://twitter.com/Vermuda_JP/status/1068035321403600897

Be:Firstジュノンさんは2018年11月29日に日本へ帰国する旨をVERMUDA(バミューダ)公式Twitterで呟きました。

顔を隠し、あまり元気がなさそうに見えますが、韓国での生活が合わなかったのでしょうか。

これ以降はVERMUDA(バミューダ)との関わりはないため、Be:Firstジュノンさんが韓国グループに所属していた期間は9月末から11月末「約2ヶ月」というのが正しい情報です。

VERMUDA脱退・解散の理由が衝撃!

Be:First,ジュノン

VERMUDA(バミューダ)の初期メンバーは、

  • ジュン
  • チェイル
  • チェソン
  • ナガン
  • ユウ(リーダー)

こちらの5名で成り立っていました。こちらもご覧下さい。

VERMUDA(バミューダ)

詳しく調べていくと、VERMUDA(バミューダ)の5人目メンバーは定着しにくく、すぐに辞めてしまうことが多かったようです。

即脱退したのは、Be:Firstジュノンさんだけではないことは間違いありません。

メンバー同士のいざこざとか、そいうものが強かったのでしょうか。

VERMUDA(バミューダ)脱退・解散理由はメンバー全体の人間関係の悪さが原因にだったのかもしれません。

今時そういうのあるんだ…とかなりの衝撃を感じます。

Be:Firstジュノンさんが韓国時代の経歴を話したがらないのは、この時の思い出が心の傷になっているのかもしれませんね。

女性問題スキャンダルが解散の決め手?

VERMUDA(バミューダ)

2019年7月4日報道の「VERMUDA(バミューダ)チャンボムの女性問題スキャンダル」

(↑2019年時点ではまだ活動していることが分かります。その後は解散したのかは不明です。)

この当時のスキャンダル内容は「別れたあとも元カノBJヨルメさんの恥ずかしい動画を大切に持っている」という、アイドルらしからぬ衝撃の内容。

こちらをご覧ください。

ヨルメはチャンボムと知人のカカオトークのチャット内容などを公開した。この内容には、チャンボムが自身の知人に「あのように全てを暴露した。謝ったらそれもキャプチャーするだろう」と話した。
続いてヨルメは「チャンボムは性行為の動画を持っていて、私が同意すれば公開すると話した。でも本人の放送で映像を削除したと発言を覆した。事前に知人たちに連絡して口裏を合わせようと言った」と主張した。
引用:Kstyle

そもそも、チャンボムさんって誰?って思いましたが、VERMUDA(バミューダ)の名前は初期にはいないので後から入った新メンバーだと思われます。

元カノの恥ずかしい動画を使って脅すなんて…VERMUDA(バミューダ)自体にかなり問題あるのではないのでしょうか。

このスキャンダルが解散の決め手になった可能性も大いに考えられます。

これ以降に新しいニュースや活動の実績は見当たらないので、VERMUDA(バミューダ)徐々に活動していくことが難しくなっていった可能性が高いです。

自然消滅で解散…?っていうことでしょうか。かなり衝撃です。