バスカフェ視察に来た自民党が酷すぎると話題!一体誰なのか

10代少女を性被害、虐待から守るために毎週水曜日の夜「渋谷」「新宿」にオープンしているバスカフェ。

 

利用できるのは、10代限定ですが、家に居場所がなく夜の繁華街をさまよう少女を性被害や虐待から守ることを目的としています。

 

利用者の一部には、居場所が分かると命が危ない人もおり、バスカフェがあるおかげで自身の居場所につながっている人も。

 

しかし、2020年4月22日このバスカフェを視察に来た自民党議員が「パワハラ」「セクハラ」をしたとして、Twitterで話題になっている。真実だとすれば、ひどく痛ましい出来事です。事態の真相をリサーチしました。

バスカフェ視察に来た自民党議員が酷すぎると話題に!

2020年4月20日にバスカフェを運営する仁藤夢乃(にとゆめの)さんの元に届いた自民党議員から届いた一通のメール。

「バスカフェの視察に行きたい」

 

仁藤夢乃(にとゆめの)さんは、若者の現状を知って貰う為に「5人までなら視察可能」であることを伝えます。

一昨日、自民党議員から、バスカフェに国会議員で視察に行きたいと連絡がありました。若年女性の置かれた現状を知ってもらえるならと、5人までなら受け入れられることを伝えていました。

 

しかし、当日2020年4月22日に訪れた視察の人数は総勢15名にものぼり、仁藤夢乃(にとゆめの)さんとのバスカフェ視察の約束を破られる結果に。

 

何のための視察なのか、訪れた視察のメンバーは全員「威圧感のあるスーツ姿」で現れたらしく、社会に出ていない少女達の目にはどのように映ったのでしょうか。

 

視察についても、酷すぎる視察風景が載せられていました。

こんな姿でぞろぞろ来られたら、居場所に追われる女の子の心はかなり不安を感じたはずです。

皆さん、社会的立場もありそうな方々なのに・・・挨拶も自己紹介もしなかったなんて驚きです。

もし、本当であれば大人として、政治に携わる人間として恥ずかしくはないのでしょうか・・・。

 

昨日のバスカフェ時、指定していた集合時間に数名の方がいらしたので、その方だけかと思っていたら、集合時間を過ぎてから、次々と男性たちが(威圧感のあるスーツ姿で)活動場所にやってきました。 事前に訪問予定者を聞いていたのに、連絡がなく、3.4人で来ると聞いていたのに、国会議員だけではなく、

秘書や新宿区議など、ぞろぞろ15名ほど。挨拶をしない人もいて、挨拶を求めても「秘書です」としか名乗らない人もいて、誰か誰なのかわからないまま、許可していないのに、写真を撮影する人もいました。活動を一緒にしているメンバーには、居場所がわかると身の危険がある10代の子たちもいるのにです

挨拶の必要のない視察とは、どのような目的の視察なのでしょうか。

代表の仁藤夢乃(にとゆめの)さん対しても「どこの誰なのか」「何という名前なのか」人として最低限必要な挨拶も無視されました。

ここで、またさらに視察を許可した仁藤夢乃(にとゆめの)さんの気持ちも踏みにじられています。

 

写真が何に使われるのかもわかりません。 使用しないようにお願いしますが、事前の約束と違うことをされるような方々が守ってくれると思えず、みんな不安でいます。 普段から、活動や女の子たちの安全を守るためにも、視察の方も、必ず事前にお名前を確認しているので、こんなことは初めてです。

「こんなことは始めて」とTwitterに綴る仁藤夢乃(にとゆめの)さん。

最低限誰しもが守るマナーを守られず、約束を破り大人数で訪れ「パワーで押し切る」姿勢、社会的立場の弱い10代の女の子達の気持ちもなにも無視されていることが伝わります。

自民党議員が酷すぎる!「セクハラ」発言

やってきた方の中には、私のことや活動のことも全く知らない様子の方もいました。 そして、私に対しては、「若い女の子たちを引き連れてすごいね」などと言ってきました。 10代のメンバーは一緒に活動している仲間で、彼女たちが率先してアウトリーチを担っているのに。

 

私が女の子を引き連れているようにみる時点で、活動の意義が理解されていないと思いました。 彼女たちもこの議員の発言を知り 「自発的にやってるのに」と。

 

その後、バスの設営にも加わってもらいましたが、男性国会議員が大きな声で秘書を呼びつけて、荷物を運ばせようとする態度などから、10代のメンバー(虐待や性暴力被害に遭うなどして もその関係性や偉そうな態度に驚き、怖がっていました

 

さらに、設営中、10代のメンバーの後ろを通った男性国会議員が、「ちょっと退いて」と言いながら、10代のメンバーの腰を触りました。セクハラです。性暴力です。 彼女は、性暴力被害に遭ったこともあり、精神的なショックを受けています。

 

このように、自民党議員は終始バスカフェに対し、主催の仁藤夢乃さんに対し、そこにいる10代の女の子に対し、失礼で侮辱的な態度をとり続けます。

 

視察の人の中には女性の姿も見られますがなんとも思わなかったのでしょうか。

さらに、この自民党議員は女の子の座る「椅子」を自分の椅子として使い、自発的に視察に来たはずが、まるで「来客」のような態度。

同じ女性としても、腹立たしく感じる人は多いのではないのでしょうか。

バスカフェ視察に来た自民党が酷すぎると話題!一体誰なのか

バスカフェの視察に訪れた議員は、

  • 馳浩議員「HP
  • あべ俊子議員(農水副大臣)「HP
  • 鈴木隼人議員「HP
  • 井出ようせい議員「HP

などがいたことが分かっています。

視察について、慈善活動をアピールするためか自身のFacebookに投稿する議員も。

 

視察の中心人物とみられる馳浩議員のFacebookにも、同じような投稿があったはずですが、Twitter経由で炎上したため投稿が削除、もしくは非表示に変更されていました。

 

 

「いいね」を押しているスタンプも90%が怒りで、馳浩議員は突然の炎上に驚いたことでしょう。

 

 

Facebook上でも、一部でシェアが広まり、「セクハラの議員はこいつか?」というようなコメントも。

 

これか?

バスカフェに当初4・5人で取材するって言いながら、
実は多数の自民党国会議員や新宿区議がやってきて、
挙句には利用されている方に対してセクハラをしたという一件は。
削除若しくは限定公開ですか。
馳浩議員さん。

引用:Facebook

 

政治家の立場でここまでの炎上を想像できなかったことが・・・

 

そして、鈴木隼人議員についてもTwitterにあった投稿が削除されていました。

 

4月23日9時53分時点で、鈴木隼人議員のTwitterにあったこの投稿は、現在削除されています。

削除されたことにより、さらに不信感を感じる人も。

自民党の議員さんのFBを指摘したコメントが、即削除されたのが気持ち悪い。 とりあえずそこへ行ってスクショはしてきた。 「ゴタむく前に行動」とか、それ自慢?

 

まとめ

正直、今回のバスカフェの事件では驚きを隠せませんでした。

調べていて、ここまで胸が痛くなることはそうありません。ただ、怒りの気持ちはほとんどの方が一緒だと思います。

この事件について、バスカフェの女の子たちに謝罪などあるのでしょうか。また新しい情報が入り次第、追記していきたいと思います!